45)河津桜の切り口から根が出できました

 河津桜の葉があまりに茂りすぎたので何本か枝を切ったのですが、枝を水の入ったバケツに入れておいたところ、切り口から根が出てきて、季節はずれの葉が出てきました。
 この枝を生かして「二世」を育てるのは難しいでしょうか?
 もし育て方があればチャレンジしてみたいと思います。

挿し木は可能です

 切り口から根が出ているので、挿し木が可能かどうか?ということですが、是非チャレンジしてみて下さい。
 すぐには植えずに、まずは切り口からより多くの発根を促すために、バケツの水に発根促進剤(メネデール等)を適量入れ数日おいておきます。(中の水は今まで通り換え、その都度促進剤を混入して下さい。)
 その後1本につき1鉢ずつ、赤玉土(小粒)で根を傷めないように植えて下さい。赤玉土は未使用の清潔なものを使用。
なるべく環境が変わらないほうが良いので、現在バケツが置いてある場所に置いて管理して下さい。

 実践編ということで、二点教えて下さい。


1. 環境を変えないほうが良いというアドバイスを頂きましたが、あまり日当たりの良くないところなのですが、これから寒くなることを考えたとき、日なたに出すとか、屋内に入れるとか考えたほうが良いのでしょうか?

2. 水遣りどうすればよいでしょうか?赤玉土がいつも湿っている程度でよろしいのでしょうか?

 まずは場所ですが、現在の場所が日照不足なのであれば、これから寒い冬を迎えるとしても、やはり風通しが良く且つ日当たりの良い屋外に置いて下さい。
 また水遣りは、いつも湿った状態では根腐れを起こすので、冬場は赤玉土が乾いたら撒く程度で良いでしょう。