9)鉢植えの葉が茶色く枯れています

  今年の3月に桜の苗木を頂いて育てています。丈は40cmくらいの小さなものなのですが、最近、葉の周囲から徐々に茶色に変色し葉が枯れてきてしまっています。

 1ヶ月ほど前に頂いた当初の鉢から少し大きめの鉢に植え替えましたが、葉が枯れてきたのは2週間ほど前からになります。葉はパサパサしておらず、水分を含んだ状態でかれてきています。何枚かは下に落ちてしまいました。

 原因と回復方法を教えてください。

2つの原因が考えられます
  原因として次の2つが考えられます。
 まず、 植え痛みしている可能性があります。桜の移植時期は11月から3月中旬頃です。花後や葉が開いた後の移植は禁物です。今回は移植の時期が適していなかったのかもしれません。この場合、 石灰を鉢の上(土の表面上)にまき、葉が回復するまで日陰で育てるとよいでしょう。
 次に、根腐れしている可能性があります。根の周りの土を掘って、細根が出ているかどうか確認してください。 この場合、木炭を土中に埋め込むとよいでしょう。大きさは、5cm×2cm程度の棒状のものを3本。木の幹を中心に正三角形になるように土中に差し込んで下さい。
 肥料は、油粕等の有機肥料を施します。化成肥料は絶対に与えないで下さい。(強い肥料を施すと、浸透圧の関係で根の水分が流出する、肥負けで桜が枯れてしまうからです)
 さらに、害虫防除(アメリカシロヒトリ、ダニ)も行なうと効果的です。