ヤマザクラ
Prunus jamasakura Sieb.,ex Koidz


 落葉高木。花期は4月中下旬。花は紅色を帯びた白色。樹皮は紫褐色で、若木では白い皮目が目立つが、成木では横縞の裂け目がある。花と一緒に葉もでる特徴がある。若芽は緑色、黄緑色、紅紫色など変化に富んでいる。若葉の表面 に最初はまばらな毛があるが、成葉になるとなくなる。裏面は粉白色を帯びる。樹皮は樺細工に用いる。

 南方系の桜で、日本海側は新潟県まで分布している。黒部市では海岸部の石田立野から低山帯の東布施別 所に自生している。また屋敷林などにも自然侵入が見られることから、平野部はヤマザクラの潜在的な生育圏であることがうかがえる。

 なお、ヤマザクラの品種であるウスゲヤマザクラ(f.pubescens)は、ヤマザクラの生育場所に比較的高い頻度で出現する。この桜の花柄、葉柄、葉の両面 、ガクなどには毛がある。