ソメイヨシノ
Prunus × yedoensis ev.Yedoensis


 起源については諸説ある。一般的にはエドヒガンとオオシマザクラの雑種とされている。江戸時代末期に江戸染井村(現豊島区)の植木屋が売り出した品種。花は葉に先立って開き、花数が多く華やかで成長が速いので人気が高い。しかし寿命は短く、またコピーで増やしているので次第に劣化傾向にあると言われている。