オオヤマザクラ
Prunus sargentii Rehder


 落葉高木。花期は4月中下旬。花の色はヤマザクラよりも濃く、ベニヤマザクラの別 名がある。開花は開葉より少し早い。樹皮は平滑で紫褐色、横に長い皮目が目立つ。葉は両面 とも毛がなく、裏面はヤマザクラと同様に粉白色を帯びる。ヤマザクラと異なる点は、目の鱗片が著しくねばることである。果 実は卵状の球形で黒紫色に熟する。秋田名産の樺細工はこの樹皮を用いる。

 低山帯から山地帯下部に生息する。黒部川扇状地内の入善のスギ沢、栗寺、嘉例沢、僧ヶ岳の布施川本流付近に見られる。北方系の桜で、主に北海道から東北地方に多く分布し、エゾヤマザクラの別 名がある。北陸は福井県まで見られるが、近畿地方を飛ばして中国、四国にも分布する。