オクチョウジザクラ
Prunus adetala(Sieb.et Zucc.)Franch.var.pilosa(Koidz.)Wilson
 

 落葉低木、小高木。花期は3月下旬から4月上旬。花は白色または淡紅色で花柱はほぼ無毛。花柄および葉の表面 全体と、裏面の脈上に毛が多くある。花柄や萼筒には毛が少なく、果実は黒く熟する。日本海側の積雪適応種で背丈は低く幹や枝がよくねばる。低山帯から山地帯下部に分布するが、ことに黒部川河川敷の墓ノ木自然公園、宮野山、東布施の中陣・別 所から福平方面、新川牧場、嘉例沢に多く見られる。

 この桜はチョウジザクラの変種で、新潟県と富山県東部を中心に、秋田、山形県に分布する。そのほか岩手から群馬、長野、福井県にも見られる。富山県では早月川を渡るとキンキマメザクラと交代する。チョウジザクラの名前は萼筒が長く、花を「丁」の字に見たてたのである。