コシノヒガンザクラ
Prunus koshiensis


 落葉高木、小高木。花期は4月中旬。エドヒガンとオオヤマザクラが自然交雑して生じた。一方の親はエドヒガンに間違いないが、もう一方はカスミザクラまたはキンマメザクラとする説もある。表面 は暗緑色で光沢はなく、主脈上にのみ毛がある。裏面は淡緑色で全体にまばらに毛があり、特に脈上に多い。花柄はほとんどなく、小花柄は長さ1.7cm。果 実はほとんど生じない。

 名前の通り、富山県が生んだ桜。東砺波郡城端町蓑谷の山地のほか、高岡市、大沢野町などに自生している。蓑谷の自生地は県天然記念物に指定。高岡市と城端町では市の花木に指定している。