エドヒガン
Prunus pendula Mazim. forma ascendens(makino)Ohwi

 落葉高木。花期は4月中下旬。花は淡紅色。樹皮は大木になると縦の裂け目が目立つ。花は葉に先立って開き、萼筒の基部が球状にに膨らむ特徴がある。花柄や雄しべの花柱の下部に毛が多い。葉の表に光沢があり、裏面 には光沢がなく脈上に毛が多い。

 本種は東北地方にも見られるが、分布の中心は中部地方から南で、四国、九州に分布している。富山県では低山帯から山地帯下部に広く分布しているが、隣の新潟、石川県では確認されていない。黒部市周辺では黒部川河川敷の墓ノ木自然公園、東布施の中陣、別 所から嘉例沢、福平方面に多く見られる。

 寿命が数百年以上といわれ、県内の桜の天然記念物の巨木はすべてこの種である。かつて天然記念物の指定を受けていた景勝桜もこの種であり、天神社の馬場の桜もこれである。