サクラワークショップ活動日誌

N0.46

桜シンポジウム開催へ向けて

平成22年3月


3月6日

 
三日市・大町の交番横にポケットパークができたのを機会に、地元の人たちとともに桜『十月桜』1本植えました。まだ蕾が残っているので、3月下旬頃には咲いてくれることでしょう。
この桜の植樹によって、三日市の中心部では秋から翌年春までに西特寺の四季桜、三島神社の子福桜とこの十月桜が楽しめます。


10月にも桜が楽しめそうです
十月桜を植え込んでいます
 

3月13日

 
3月13日、14日、27日、28日の4日間にわたって、
サクラシンポジウム・現地見学会のガイド練習会を行いました。
天候不順の日もあり現地で桜を前にしての練習は大変でしたが、
参加者は遠路来られるお客さんに黒部のサクラをPRすべく真剣に取り組んでいました。


ガイドの勉強会風景
天気の悪い中がんばりました。
 

3月13日

 
今冬の大雪で被害を受けた桜などの整枝のため、新川牧場周辺で作業をしました。
雪と風により倒れた木や折れた枝を整え、 腐った支柱の片付けなど
4月の桜シンポ全国大会に向けて見苦しくないようにとの思いも込めて作業をしました。


重機を使った作業
補修作業を行なっています