サクラワークショップ活動日誌

N0.40

NHK大河ドラマ「天地人」

平成21年1月


1月
 


心血を注いで育てている景勝桜に、今年度のNHK大河ドラマ「天地人」が大きく関係する。
ドラマの主人公・直江兼続は上杉景勝の家臣で、天正10年(1582年)、
越中の魚津城を攻める援軍として黒部川を渡り、吉田村に上陸し、
三日市で宿陣した際に、エドヒガン桜の大木に嘆賞したという縁である。
いつの日かドラマに三日市・魚津が出てくるかもしれない。



越中の魚津城に援軍のため黒部川を渡り、吉田村に上陸し三日市で宿陣した際に
見事な大樹の桜を嘆賞した武将である。その足跡に由来する「景勝桜」が三日市の中心にあった。
(ニコニコタウン‘9・1月号に解説より)