サクラワークショップ活動日誌

N0.31

新たにひろがるサクラの輪・和・話
平成17年11月24日

■11月20日(日)
 
サクラワークショップの一番楽しい活動の植樹が行われました。
昨年で終了した小学6年生卒業記念植樹に代わり、メンバーと友人・知人、一般公募による参加者で植樹を行いました。当日は心配されていた天候も回復し、太陽の下で35名が集合。植樹が終わる頃には、みんな汗だくになっていました。
植えた桜は80本。品種は、松月(ショウゲツ)、普賢象(フゲンゾウ)、関山(カンザン)、鬱金(ウコン)、紅豊(ベニユタカ)の5種類で各16本。
どの品種も八重咲きで比較的花の大きなものです。色も薄いピンクや濃いピンク、薄い黄色など、将来の満開並木に変化をもたせました。
また、GWに新川牧場で開催され多くの観光客が訪れるファームフェアで桜を楽しんでいただくために、開花時期は晩春のものを選びました。
来年の開花が楽しみです。