サクラワークショップ活動日誌

N0.14

台風にもめげず !! …今がふんばりどころ

平成16年9月18日(土)、25日(土)

被害状況
復旧作業

 る9月7日の夜、日本海沖を通過した台風18号により、ワークショップが小学6年生と一緒に植樹てきた桜たちに大きな被害が…。

 被害にあったのは、主に新川育成牧場の桜たち。幹の直径10〜15センチ、高さ5〜6メートル前後の桜約40本が、幹の途中や根元から折れてしまいました。

 桜と子供たちの成長を重ね合わせながら、年間を通じて丹念に育ててきた桜の無残な姿に落胆の色は隠せません。

 ワークショップでは、9月8日〜17日にかけメンバー各自によるメンテナンス作業を行い、18日(土)・25日(土)の両日には、メンバー総出による復旧作業に汗を流しました。


アメリカシロヒトリ撃退作戦!
―薬剤散布実施しました―
平成16年7月3日(土)

 サクラワークショップが市内の桜植樹地にて、アメリカシロヒトリなどの病害虫から桜を守るため薬剤散布を実施しました。

 散布した薬剤はスミチオン。メンバーであり造園業のみなさんの協力により、薬剤散布機3台がフル回転し、市内各地で待っている桜たち一本一本丁寧に散布しました。

 また、同時に不要な枝の剪定や支柱の撤去、付近に散乱するゴミの収集など環境美化活動も行いました。

 気温約 30 度という蒸し暑い中での作業となりましたが、ボランティアパワーの炸裂により、無事作業は終了しました。

「桜救助隊」 またまた 出動
 
平成16年6月12日(土)

 サクラワークショップが市内の桜植樹地にて、不要になった支柱用の竹の撤去、下草刈作業を実施しました。

 台風の影響であいにくの雨でしたが、カッパ・帽子・長靴・ゴム手袋など、完全防備のメンバーたち12名が参加しました。

 毎春、私たちの目を楽しませてくれる桜も、市民の地道なボランティア活動があってこそ!

 みなさんも応援してくださいそして、メンバーとなって参加してみませんか?