石田立野のヤマザクラ群(いしだたてののやまざくらぐん)


見どころ
 このヤマザクラは、海岸道路背後地のクロマツ疎林に温存している。樹高約14m、胸高直径約22cmの立派な成木が7株ほどある。ほかにコナラも見られる。ここは以前、クロマツ林背後地に発達したクリ・コナラが優先する二次林であった。その後、海岸道路設置に伴い、ヤマザクラを残して林床植生や中低木を除去し、今は整理された明るい林になっている。この林に温存するヤマザクラ群は、かつて海岸部にもヤマザクラが生育していたことの裏付けとして大きな意味を持っている。
植樹状況
ヤマザクラ7本