景勝桜fukkatu
復活までの活動記録
 
黒部市指定の天然記念物に指定され、上杉景勝を由来にもつ「景勝桜」。樹齢800年を数える立派なエドヒガン桜でしたが、昭和49年ごろに枯死してしまいました。
かつての雄姿をもう一度…という思いから、サクラワークショップが中心となり2004年にスタートした「景勝桜」の復活計画。候補になる木を探すとともに植樹場所についてたくさんの方々と話し合い、計画は進められました。
そして、2005年2月26日。多くの人が見守る中、植樹式が行われ、2代目「景勝桜」が誕生しました。
 
由来と歴史 植樹までの経緯 植樹式の様子
 


トップページへ戻る