連載コラム
富山と北陸のサクラを巡る
富山県中央植物園で勤務する大原隆明さん。サクラの品種分類の研究を続け新種の発見をしたこともあるサクラ分類の第一人者。日本の野生種が全てそろっているという富山県を舞台に日夜研究に汗を流しています。このコーナーでは、そんな大原さんに県内のサクラを紹介していただきます。


【第6回】2006年2月
  「3月の別れ 〜桜井高校の卒業生を見送るカンヒザクラ〜」 >>
 
【第5回】2006年1月
  「けふ降る雪のいや重け吉事 〜雪の名前のついたサトザクラ「シラユキ」〜」 >>
 
【第4回】2005年12月
  「"クロベ"を巡る冒険(2) 〜「黒部山桜」の葉を読み解く〜」 >>
 
【第3回】2005年11月
  「"クロベ"を巡る冒険(1) 〜謎の「黒部山桜」に会いにいく〜」 >>
 
【第2回】2005年10月
  「十月は青空の国 〜秋の青空に映えるジュウガツザクラ〜」 >>
 
【第1回】2005年9月
  「八月のミネザクラ 〜夏にもサクラが咲く富山県〜」 >>
 
 
 

 
【著作権について】
当コラム内で提供されるすべての情報や画像などの著作権は情報提供者(大原隆明氏)に帰属します。
大原隆明プロフィール

連載コラムのトップへ戻る


トップページへ戻る